English   /   中文
アポロジャパン 人とモノと情報を、最先端技術でつなぐ アポロジャパン

人とモノと情報を、最先端技術でつなぐアポロジャパン

アポロジャパンは、時代のニーズや時流を先読みし、人に寄り添い、生活に役に立つ最先端技術開発を目指し、「見えない」コードを印刷物に埋め込む特許技術「スクリーンコード」や、画像をコードとして情報と紐付けする「Image To Code (ITC) 」など、「人とモノと情報をつなぐ」様々な技術を研究、開発、応用、製品化をしています。

子供から高齢者に至るまで、すべての人が情報につながることができる世界の実現を目指して、「少し先の未来」の「快適な生活」のために、新しい技術の開発により、新しい市場を作りながら、社会に貢献できる、研究開発に取り組んでいます。

アポロジャパンによる先端技術開発

img_imageToCode
Image To Code

Image to Code(ITC)は、イメージ、画像をコードとして認識し、情報を埋め込む技術です。イメージをコードとして使うため、バーコードやQRコード必要なく、デザイン損なうことがありません。また、アポロジャパン独自のアルゴリズムにより高精度な画像認識処理が可能になり、物体そのものさえもコードとして認識ができます。高い処理能力により、サーバー負荷も軽減でき、「デザイン性」「高い認識能力」「処理能力」を兼ね備えた、アポロジャパンが誇る最先特許端技術です。

img_screenCode
スクリーンコード

スクリーンコードは、印刷スクリーンの特性を活かし、「見えない」コードを印刷物に埋め込むことで、紙面のデザインに影響を与えず、情報を埋め込むことができる、情報の記録、埋め込み技術です。印刷物だけでなく、パッケージなどのプロダクトにも、応用可能でスマートフォンや、専用読み取り装置を使い、読み取ることによって、「モノ」と「情報」をユーザーの手元でつなぐことができます。印刷技術を知り尽くしたアポロジャパンが開発したこの画期的な特許技術は様々な分野に応用が可能です。

サービス

  • img_iot
    クラウドサービス
  • img_security
    セキュリティ

製品

  • img_speakun
    スピークン

FEATURED TOPICS

注目の記事

PAGE TOP